庭園情報(2016年5月26日)

平成16年に天皇陛下のご意向により栃木県に贈られた「ナスヒオウギアヤメ」が今年も咲き始めました。例年よりも一週間位早いです。天候等にも左右されますが、6月上旬まで見頃の予想です。

ナスヒオウギアヤメとは・・・

栃木・那須地方一ツ樅付近の小川に自生するものを、川村文吾生物学御研究所員が発見し、原寛博士が「那須の植物誌※(著書:昭和天皇)」に記載したヒオウギアヤメの一変種です。
高さ約1メートルの花茎の先に紫色の花をつけます。花茎は枝分かれし、内花被片は先のとがったひょうたん型で、ヒオウギアヤメに比べ大きいです。ナスヒオウギアヤメは絶滅危惧種で、栃木県では絶滅危惧I類(Aランク)に、環境省では絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。平成16年に陛下の御意向により宮内庁から栃木県に贈られ、一部が当記念公園に移植されています。

※昭和天皇が学者とご一緒にご研究の結果をおまとめになったもの

ナスヒオウギアヤメ
ナスヒオウギアヤメが咲き始めました!
撮影日
平成28年5月26日
ナスヒオウギアヤメ
ナスヒオウギアヤメ
撮影日
平成27年5月26日
ナスヒオウギアヤメ
ナスヒオウギアヤメ
撮影日
平成26年6月7日

県営都市公園

総合運動公園 井頭公園 那須野が原公園 鬼怒グリーンパーク 中央公園 みかも山公園 日光だいや川公園 日光田母沢御用邸記念公園 とちぎわんぱく公園 とちのきファミリーランド 井頭公園一万人プール 那須野が原公園ファミリープール
ページの先頭へ