CONTENTS
サイト内検索
RSS My Yahoo!に追加
 
本公園は、世界遺産に登録された日光東照宮をはじめとする二社一寺「日光の社寺」に近接し、北には男体山、女峰山等の日光連山を仰ぎ、南は大谷川の清流を隔てて鳴蟲山を借景とし、西は寂光の滝を源とする田母沢川を境とし、周辺を杉木立に囲まれた閑静で風光明媚な場所にあります。
日光田母沢御用邸は、日光出身で明治時代の銀行家・小林年保の別邸に、当時、赤坂離宮などに使われていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部(現在の三階建て部分)を移築し、その他の建物は新築される形で、明治32年(1899)に大正天皇(当時 皇太子)のご静養地として造営されました。その後、小規模な増改築を経て、大正天皇のご即位後、大正7年(1918)から大規模な増改築が行われ、大正10年(1921)に現在の姿となりました。
昭和22年(1947)に廃止されるまでの間、大正天皇をはじめ、三代にわたる天皇・皇太子がご利用になりました。戦後、博物館や宿泊施設、研修施設として使用された後、栃木県により3年の歳月をかけ、修復・整備され、平成12年(2000)に記念公園として蘇りました。
建物は、江戸時代後期、明治、大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群で、現存する明治・大正期の御用邸の中では最大規模のものです。これらの建物や庭園から、当時の建築技術や皇室文化を垣間見ることができます。
平成15年(2003)に貴重な建造物として「国の重要文化財」に指定され、平成19年(2007)には「日本の歴史公園100選」に選定されました。四季折々の風情ある庭園と日光田母沢御用邸の100年に及ぶ荘厳な趣きを是非ご堪能ください。
※本公園は、国有地の無償貸付を受けております。
主な見所を知りたい方はこちら(ここをクリック)

問い合わせ:日光田母沢御用邸記念公園管理事務所(指定管理者:公益財団法人栃木県民公園福祉協会)
〒321-1434 栃木県日光市本町8-27 TEL:0288-53-6767 FAX:0288-53-6777
メールでの問い合わせはこちら(ここをクリック)

 ■開園時間  4月~10月:午前9時~午後5時00分(受付は4時まで)
 11月~3月:午前9時~午後4時30分(受付は4時まで)
 ■休園日  毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)及び年末年始(12/29~1/1)
 ※但し、4/15~5/31、8/13~16、10/1~11/30、1/2~5は休まず開園します
 ■入園料

 ■駐車料
  
 高校生・大人:510円(団体20名以上410円)
 小・中学生   :250円(団体20名以上200円)
 普 通 車 :  200円(2時間)
 大型バス:1,020円(2時間)   

新着情報

「桃の節句 つるし雛飾り」を開催[2015.02.18更新]

平成27年3月1日(日)から30日(月)まで、子ども達の健やかな成長を願う「桃の節句 つるし雛飾り」を開催します。

会場一杯に展示されたつるし雛もとても見応えがあります。
ぜひ、この機会にご覧ください!


防寒対策は万全に願います![2015.01.31更新]

邸内見学にあたっては靴を脱いでご入場いただくため、足下が薄手ですと特に冬季は大変寒く感じると思います。施設保全等の観点から、休憩室など一部を除き暖房機器を設置しておりません。ご来園の際は、防寒着の着用や厚手の靴下をお履きいただくなど、暖かい服装でご来園ください。


多彩なイベントが続々!冬の催し物案内![2014.12.01更新]

12月15日(月)から、通常非公開となっている御展望室の特別公開が始まります。
美しい冬景色とともに、この時期ならではの催事をお楽しみください!

←「秋・冬の催し物」ちらしはここをクリック!


お休み処「みやび」が12月~3月までお休みとなります[2014.12.01更新]


御用邸前のバス停名が変わりました![2014.06.01更新]

6月1日より、日光田母沢御用邸記念公園の隣にあるバス停の名称が
田母沢」から「日光田母沢御用邸記念公園」に変わりました!

東武バスでご来園いただく方に、より分かりやすい表示となりました。